自己改革

b0135545_1435349.jpg

b0135545_17542569.jpg

マオは最近チビトラにやさしいです。

来館された人達に、気持ちよく鑑賞していただくことと、作品の安全を守るバイトをしました。
聞かれたら出口や順路の案内、作品の位置の案内など。
混み入っていたら、「後ろにお気をつけください」
「申し訳ありませんがガムはご遠慮ください」
「筆記用具の使用はご遠慮ください」
「撮影はご遠慮ください」
「かさをお預かりしてよろしいでしょうか?」
「お子さまのお手をひいてお願いします」
「他に鑑賞されてる方が通られるので立ち話はあちらでお願いします」
「携帯電話のご使用はあちらでお願いします」

たいがいはおとなしく聞いてくださるのですが、お客さまに「怒られた怒られた」と電話の相手に言われたりして…。
申し訳ありませんと断ってから丁寧にお願いしただけで、怒ってなどいません、とはいちいち言いませんけど、だいたいそんな対応です。


一昨日で終わりましたが、仕事がなくなると寂しいですね。
所属場所がないと心もとない感じがします。
自分が自営で絵を描いたり家事をしたり農業したりしていかねばならないので、自分をしっかり持ってやらねばなりません。
サボろうと思えばいつでもサボれてしまうところが微妙です。

っていうはケガの痛みが長引いてからサボり癖がついてしまったからこう言うのですが…。
予定の分をこなせてないのでちょい焦ったりします。

作品も何かの模倣や誰かの技術の継承ではなく、自分のものを作り出さなければなりません。

どこかに所属していれば安心なとこがあるのかもしれませんが、自分が発信せねばならないことです。
自分の都合のいい方に流れそうになりがちのところを踏ん張って立って行くのは、なかなかたいへんなものですね。


mume
[PR]
Commented by nutscraft at 2009-05-25 19:35
あまり無理をしないで~と言うのもいいし、
無理をするのも楽しいことだし・・・^^;
Commented by mume107 at 2009-05-28 09:08
ありがとうございます。
無理を楽しめるぐらいにしときます。
中間に立つのって難しいですね。
by mume107 | 2009-05-19 17:54 | アート | Comments(2)