Cocoon  2008  奇妙なものを見たときわたしたちは・・・ その後ろ姿

b0135545_12491430.jpgこどものとき、拾って遊んだものでできた、おとぎ話に出てくるような奇怪な生物は、見る人にふしぎな感覚を与えるはず。

木の実を使いましたが、マツボックリやどんぐりの持つイメージが強すぎて、アートというより趣味の民芸品みたい。
なんとかせねばと思っています。

素材の持ち味を、どこまで残すか、もっと壊すかが今後の課題。
日本古来の文化には、生成りという自然の繊維をそのまま生かす文化がありますが、日本人のプリミティブな感覚は大切にしたいと思ってます。

木の実にこだわらなくても、さなぎに重ねた思いを表現する方法もありますけど。

ご意見がありましたら、ぜひお伺いしたいです。

b0135545_12481479.jpg


[PR]
Commented by ta-gu-chi at 2008-04-10 18:36
こんにちは、タグチと申します。ブログにコメントいただきありがとうございます。

自然のものは木の実でも古木でも、とても魅力的だけれど、それを作品に生かすのは、なかなか難しいですよね。
さなぎがコンセプトですか?、わたしには即物的だけれど、パフェに見えて(笑)、面白かったです。

Commented by mume107 at 2008-04-10 23:36
コメントありがとうございます。
なにぶん勉強不足ゆえ、表面の装飾に終始してしまいました。
中身を充実させようと思ったのですが・・・。
by mume107 | 2008-04-09 12:49 | アート | Comments(2)