2007    泥だんご、ころがしてみて、こどものときやったように


b0135545_10161464.jpg


田んぼの土で、こどものとき誰もが作った泥だんご。
観客に自由にころがしてもらおうと、木の株に螺旋の滑り台をつけました。

参加することで、ワクワク感を味わってもらおうと考え、おだんごが落ちそうで落ちないように工夫しました。

おだんごは、壊れてもいいつもりで、多少やんちゃにしてもらってよかったのだけど、
お行儀のいい人たちばかりでした・・・。

ここでひとつ、ウィキペディア(Wikipedia)より、マルセル・デュシャンの作品「大ガラス」のエピソード。
ガラスにはヒビが入っているが、これは意図的に入れた訳ではなく、輸送中の取り扱い不備によるものだが、デュシャンは意図しない「偶然」によって、作品に新たな要素が付け加えられたことを喜んだ。

私は、意図的でしたが、人の反応を見たかったのです。
その人の脳中で、どんな変化がおこるのか。
それは目に見えるものではないので、わかりませんが・・・、小さい電気がパッと点いたのでは?。
最終日に、通りすがりの小さいお子さんが、やっと快く遊んでくれて壊してくれました。


素材 : 泥、切り株、ダンボール、木工ボンド


[PR]
by mume107 | 2008-04-18 01:11 | アート