レディ・メイドについて

デュシャンのレディ・メイドは、芸術と科学・技術に対する言わば両刃の刃です。
それは芸術の<作る>に既製品の精度を突きつけ、もう一方の高い<機能>をもつ既製品には、機能をはずした概念の脈絡をつきつけます。  この行為によって、不備を指摘された両者の間に浮かび上がるのが、  デュシャンの思考から生まれた新たな世界の見方として提出された芸術表現です。現代美術はデュシャンの思考する自由の実践を先達として展開されていきます。
20世紀アメリカ現代美術作家論「アメリカ現代美術は何を残したか」 河瀬 昇 より


とくに意識していませんでしたが、私の考えはデュシャンの考え方とは別にあるようなのかどうなのか、わかりません・・・。
作家が手を加えてない既成のもの。
それは単体では、何の性格も気質もないものとします。
しかし、作家が目をつけたところで、そこに性格や気質が宿るのです。
「色即是空」(筑波大学名誉教授・曹洞宗天徳院住職の大藪正哉先生解説より。 )
の考え方というのは、こういうことではないかな。

作家以外の人が見た場合、その人の経験や知識、価値観によって同じものを見ていても、感じるものはそれぞれでしょう。

たとえば同じ事柄でも、新聞の記事でいったら、社会面ふう、経済面ふう、文化面ふう、三面記事ふう、ゴシップ記事ふうにと、人によって捉え方は、その人のキャパシティによって違いますよね。

芥川賞の小説を読んでも、文学作品として深い感銘うけるか、スキャンダルなエロ小説として読むのか。
その人の発想の源によって、作家の意図することからズレるだろうし。
だからといって、価値観が多様にあるのだから、それを否定するつもりではないですよ。

その人が関心を持っていることにつなげて、その人なりの解釈をすることによって、その人の一日の運命がネガからポジに転換する、ってことあると思うのです。

作家の性格や気質を持たないものを展示することによって、それは見る人の鏡になりうると、考えます。

そこからなにかをつかんで、問題解決してもらえれば・・・。
「災い転じて福と成す」。
アートバカなりに、芸術に親しんでもらいたいという願いからです。
バカは、富山弁では ダラ 032.gif056.gifといいます。(ちょっと余談)
 
[PR]
by mume107 | 2008-04-17 11:05 | アート