ゴジラがきたよ!

b0135545_151801.jpg


見越し入道という、日本古来のもののけ。

得体の知れない不気味なものの大きさを、人は恐れます。
その大きさに呑み込まれると、あまりの恐怖に死に到るケースも・・・。

ところが、見越してしまうとたいして大きいものではないことに気がつきます。

ちょっと似たような小話を、立川志の輔師匠がしていたのを、記憶の限り思い出しましょう・・・。

「たいへんだ!ゴジラがきたよ、危ないからこっちへおいで。」

「なーんだ、ゴジラって意外と小さいんだ、たいしたことないね。」

2行で終わってしまった。
もっとエキサイティングなお話だったのに・・・。

生きてる間は、いろんなことに悩んだり、不安を感じたりしてしまいますが、
宇宙から地球を眺めるつもりで、自分の身の回りの出来事を眺めれば、
ちっぽけになって、どうってことない気がしてきます。

画像と関係ないお話でした。


[PR]
by mume107 | 2008-05-18 18:07 | アート | Comments(0)