タイトル変更  ときには・・・あたらしい発見があるかも

b0135545_024581.jpg

                               Reborn    2007


先日のことになりますが、友人に誘ってもらって久々に美術館やギャラリーをまわってきました。

華道展や版画展など、普段見ないような展示も見ました。
展示とはなんぞや。

絵画の公募展の展示もそうですが、一人一人の作品として見ると、個性的で素晴らしいのですが、競いあって展示してあると、雑然として感じてしまいます。

版画展は木版のほかに、シルクスクリーンやリトグラフ、エッチングなどもあって、よかったです。

アートは鑑賞だけという友人の素直な感想を聞くのは、かえって新鮮で楽しいです。
珍しく、抽象画やオブジェにも関心が深くて、変なお飾りの知識がないところがいいです。

私が見逃すようなことでも、ハッとするようなところに目をつけられたりするので、新しい発見になります。
[PR]
by mume107 | 2008-07-24 00:23 | アート | Comments(0)