b0135545_1120130.jpg

昇華を夢みる・・・  2009    25×18

さっさと切り替えたつもりでも、昇華していないまま描いた作品は、正直、描いている時点では身の丈に合ってるのかどうか、区別できないときもあります。

惰性で描いているので、なんぼ時間かけてもうまくいきませんし、楽しめていません。

そんな時は、生きてるものに会うのがいいようです。

庭に出て花を手折って生けるとか。
畑のカブを引っこ抜いてくるとか。

鳥が飛び立つのをじっと目で追うとか・・・。

曇天の空のてっぺんに、雲の切れ目から光が見えたりします。

アートバカmumeのブログもよろしくです。
[PR]
by mume107 | 2009-01-29 11:43 | アート

猫ハーレム

b0135545_982561.jpg

まおとまめが同時に膝に乗ってくるのは珍しいです。
(この短い足に…身動きできません。
従って誰か私のリモコンにならなければ、なって!)

本当は仲良しなのかもしれません。
上下関係も人間みたいに過剰な感情をいれず、うまく秩序を保っているのかもしれません。
人は、すぐ自分の経験値から想像し判断してしまうけど、猫には猫の遺伝子が自然界と融和するように働いているように思います。

野生に見習うことも多々ありますね。
[PR]
by mume107 | 2009-01-27 09:08 |

にゃんこ 元気ないな。

b0135545_9331693.jpg

一時、コロコロに太ったのに、最近痩せてきて動きもあまり活発じゃありません。

先住猫のまおに序列を徹底して叩き込まれたのか、まおがエサを食べ終わるのをじっと待って、自分が食べれるときになっても、がっつきません。

この、しいたげられてるんじゃないかって場面に出くわすと、胸がキューっと痛みます。

寒いから風邪をひいたのかもしれません。
鼻水すごいから。
クラビット(抗生剤)砕いて、エサに混ぜてやりました。

ついこの前まで自由にしていたのに、どうしちゃったんだろ。
[PR]
by mume107 | 2009-01-26 09:33 | アート

窮屈からの解放

b0135545_10254540.jpg

            Cocoon   飛翔を夢見るさなぎ   25×18

なんとか発想を転換させ、「いい解釈」に転回させようと、あれやこれや模索の日々を送り、ようやく解放される目処がついたとたん、暗幕が開いたようにスッと取り込んだ情報の中から「いいもの」を拾い出せたりします。


すぐにはそんなふうに考えられないでしょうから、そんなときはジッと静かに温存です。

弱った子猫が、傷が癒えるまでジッとしてるように。
b0135545_10385593.jpg

















[PR]
by mume107 | 2009-01-20 10:08 | アート

b0135545_19105559.jpg

セレンディピティ、思わぬ幸運に偶然出会う能力。
問題の解決につながる出会い。

日常、生活の中でよい作用を与えてくれる存在もたくさんあります。

苦しいことがあると、そこからの作用ばかりが頭の中を占めてしまい、感謝を忘れてしまいます。

不平不満、愚痴が不運を招いているのです。

いい出会いに目を向けること。
セレンディピティ(素敵な掘り出し物)。
なにげにメモした言葉が見つかりました。



















[PR]
by mume107 | 2009-01-14 17:51 |

b0135545_20594396.jpg

                       ロボットを演じる人   2005    ハガキサイズ     

惰性で描いた駄作の中に、おもしろいものがあったりします。

好き嫌いの発生する根拠について。
好き嫌いといっても、人が人に対してです。
人は小さな宇宙の小さな物語を作って、物事を理解し判断しようとします。
その中に主役、脇役、正義の味方、あるいはけなげなヒロイン。
悪役、意地悪な王妃様、暴君、鬼、悪魔。
自分の周辺の人達を、自分にとって都合のいい悪いで役割をつけて、物語を作り上げ、
知らず知らず情報操作をしてしまうことがあったりするのではないか、
と思われる場面にしばしば遭遇します。

決めつけや思い込みを、すぐに修正できる体勢でいることが大切なのではないかと思います。

「善」「悪」の二元論でしか物事を把握でかきない。
人間の潜在的にある野蛮な本能が、恐慌、戦争、飢饉を引き起こしているとすれば、意識改革するツールとして、哲学、宗教、文化、音楽、芸術に親しむことが未来の人類に向かう道と思われます。
大げさかい?。
[PR]
by mume107 | 2009-01-10 21:05 | アート

無常観


b0135545_13324428.jpg

                     増殖し浮遊する善玉生物   2009   25×18

冬休みに帰省して数日間を過ごした長男が、大学のアパートへ戻っていった翌日、使っていたタオルをたたんでいると、何かわからない胸がキューっときました。
じわーっと内から湧いてくる感情。
説明つけられない感情です。

迷路をウロウロしている母親に、出口へと向かう言葉を残していってくれた息子。

こんな小さい自分から生まれた子が、いろんな関わりによって成長して、母親である自分に新たな作用を起こす。

「もののあわれ」
無常観とは、こういうことでしょうか。

あとで読んだら親バカみたい。


感情について…。
単なる親バカ話でおわらせないために。
上の私のバカ話しのように、自分が信頼できる情報筋からはすんなり吸収してしまうことが、どんな作用を及ぼすか。
よい解釈につながるものだったからよしとしますが・・・。

感情ほど人によって違う作用を起こしてしまうものはありません。
うれしい、たのしい、ありがとう、人を気遣う言葉など、よい解釈から生まれる感情を人に伝えるならよいに越したことはないでしょう。

厄介なのは、負の感情。
感情優先に思考する人にとって、同じ言葉や動作でも、好きな人の言葉は吸収でき、嫌いな人の言葉は反発になったりします。
(好き嫌いの発生の根拠はまた別の話しとして)
嫌いな人のやることなすこと、全て悪い解釈となり、コミュニケーションが不可能になってしまいます。

悪い解釈の癖がある人は、妄想はどんどん膨らみ、どんどん負の感情の神経がつながって増え続けます。

年齢とともに、脳細胞がだんだん死滅してゆくのが生まれる細胞より速度が早いとします。
残ってゆくのは伸びてる神経細胞。

よい解釈からの感情で伸びた神経細胞が残るか…。
負の感情からの神経細胞が残るか…。

脳科学について詳しいわけではないので、イメージとして捉えてください。
イメージも人によって千差万別なのですが、よいイメージを浮かべることはよい細胞を殖やすと思います。
それが上の絵です。
タイトルが変なので、あとからいいのが思いついたら付け直します。



アートバカmumeもよろしく。
[PR]
by mume107 | 2009-01-09 13:17 | アート

パソコン重い

去年からパソコンがやけに重くて、投稿が困難です。
画像だけでも辛抱強く載せて、携帯から文章を投稿したりしています。

皆さまのブログに訪問しても画像をしっかり拝見することもままならず、コメントもせず、失礼なこともありますが、携帯から見てますからね~。
[PR]
by mume107 | 2009-01-09 09:35

息子

b0135545_22281131.jpg

息子を送ってから、しみじみ駅で車を発進せずに30分経過。

垢にまみれてない分前向きで、本質を見てる。

本質ってなんだべ?

「口ではああ言ってるけど、心の中ではちゃ~んと思いやってるよ」
ある人たちの表面に出てる口汚い愚痴会話の奥に眠る、人間としてのきれいな魂をちゃんと見てる。

そういう「いい解釈」が、人の魂を光らせるのだろうなー。
[PR]
by mume107 | 2009-01-05 22:28 | アート

浮遊する生物

b0135545_10151333.jpg

浮遊する生物  2009   水彩、アクリル  25×18

2009年こそは、脳天気な自分を取り戻したいと思います。
[PR]
by mume107 | 2009-01-04 10:19 | アート