b0135545_0272789.jpg

b0135545_0272746.jpg

親鸞上人の説法、「悪人正機」解釈は、真意を離れて、悪いことをしても念仏さえ唱えれば、極楽浄土へ行ける。
と勘違いされたようです。

善行を完遂できない身でありながら自分が善人だと思っていること自体が「悪人」とする、ということらしいです。
悪人であることを自覚したところから、はじまる。
じゃあ悪いことしてもいいんだ。
ということでは決してなく、願いを持つこと。


「悪」と「善」についての定義も、一般の私たちが抱いているイメージとは異なるので、仏法を学んでいないものが解説するのは、誤解を招く危険をはらんでいるかもしれません。


一般的な定義

悪人:犯罪者、利己主義者、等

善人:善行を行える人、博愛主義者、等

歎異抄での定義

悪人:完全な善行などできないと自覚のある人

善人:完全な善行ができると思い込んでいる無知な人、又はおごりのある人


これと並んで解釈を誤解されてるのが「他力本願」です。
他の力をあてにするという意味ではなく、阿弥陀如来の力を本当の願いとするとあります。
じゃあ阿弥陀如来の力って何?

多くの人や自然や宇宙の関わりによって自分が生かされていることを自覚する。
ということかと思えば違うらしいです。

この世には知り得ないものが多くある。私たちの理解の範疇を超える明るく大きな力が働いている。
どれだけがんばって無理したって限りがある。
大きな懐で守ってくださるからジタバタせずに安心して暮らしなさい、ということかな。
老子の思想の無為自然に近い気がします。

うちがお世話になっている町内のお寺さんなら、一般人にもハードルを下げてわかりやすく解説してくださるのですが、少しでも生活の中に取り入れたい思いからわかる範囲で記載させていただきましたが、各所さまざまな住職さんのブログもいろいろあるので、正確な情報を探してみてください。

浄土真宗は、私のばあちゃんや母が信仰していたので身近です。
身近な生活の中に活用できる「考え方」のツールになりえる、と言ったら間違いと指摘されるかもしれませんが、(むしろ間違いなら指摘してほしいもんです。)
力まなくてもいい自然体での世界ではないかと思います。
[PR]
by mume107 | 2010-05-29 00:27 |

悪人正機説、その続き

親鸞上人の説法、「悪人正機」について、『浄土へいけるよ』なんて書きましたが、真意は、
「自分にご褒美とかご利益がもたらされるといった見返りを期待してよい。」
という意味ではなく、
「たとえ何事が起ころうと、穏やかで安らかな境地に達することができる。」
というふうに解釈します。

「自分は善ばかりではない、自分の罪を認める」ということだそうです。

私はいろんなタイプのお局さまに出会い、どん引きしたりたびたび批判的になりましたが、これも罪です。
他者の悪事を批判したりあげつらうのではなく、自分のやらかしちゃったことへの内省のようです。
人に優しく自分に厳しくみたいな。

重ねて申しますが、度の過ぎた自罰感情は避けなければなりません。
かえって卑下慢というやつになるのではないかな?
(不必要に過度な反省や遠慮したりする態度によって、かえって周囲に不快や迷惑をかけることは「卑下慢」という高慢の一種だそうです。)
それよりも、自分の健康や欲求がくじけては生命力も低下してしまいます。

あと、自分のしたことを棚に上げて、他者に自罰感情を起こさせるようにコントロールしようとするのも罪だと思います。

でも、絶対ダメよ、という考えは人を縛ることになると思います。
中国の古いことわざに、「澄み切った水には魚が住まない。」というのがあります。
「小魚まで捕まえてしまうと、エサがないので魚が育たないから、小さいのは見逃してあげようよ。」

あまり決め決めに目くじら立てて細かい欠点までほじくり出すと、その人の伸びやかな感性が縮こまる。
少々の誤りや行きすぎは見過ごし、寛容な態度で接すれば、自由に泳いでこそいきいきとした思考が繰り広げられる。
という意味らしいです。

老子のてんもうかいかい天網恢恢・・・
という言葉は、天の網は目が粗くなんでもかんでも小さいことまで捕らえないけど、悪事は逃さないよ。
というような意味らしいです。
[PR]
by mume107 | 2010-05-27 22:33 |

悪人正機説

b0135545_11241078.jpg

親鸞の説教の「歎異抄」に、
「善人なおもて往生を遂く、いわんや悪人おや」とあるそうな。

悪いことをしたことがあっても、罪悪感の自覚があり悔い改めれば浄土へいけるよ(b^-゜)。
といった意味らしいです。

しかし、この自責感情は個人差があり、倫理観も道徳観も人それぞれなので、度を過ぎると生命の危険につながってしまいます。

人には人の事情があって、テレビを見て笑っただけで、「ごはんたべますか」と言っただけで、ひどく傷つかれれるような、場合もあります。
それも罪といえば罪になってしまいます。
私の代わりに、屠畜して牛肉や豚肉を精肉してくれる人がおられるから、私は家族のために罪悪感をそれほど考えずパック詰めのお肉を調理できるのです。
(牛肉をいただくことはめったにありませんが・・・。)

私が絵を描くことに対し、不愉快になる人がいるのなら、それも罪といっちゃぁ、罪かもね。
人間は生きているだけで罪深いのです。
あんまりコチコチに考えず、自己否定、自己嫌悪になりすぎないようにした方がよさそうです。

それより、能力が足りなくて申し訳ありません。
とできんもんはやらない、と宣言した方がよさそうです。

五木寛之のネットで公開されている「親鸞」は、ノロノロと読み進んでおりません。
続きを一気に読みたいのだけど…。
[PR]
by mume107 | 2010-05-26 11:24 |

b0135545_5594978.jpg

聖☆おにいさん

こちらのコミックは、娘お薦め。

私は中2のときに、「あしたのジョー」を読んで以来、これより面白い漫画はない。
と漫画に興味がなくなってしまいました。
(その後に寺沢武一の「コブラ」にちとはまり、近年では野球漫画を面白く拝読しましたが。)
なので、「読む?」と何度言われてもなぁ…。

まぁ読まんこともないけど、そんなに薦めるのなら…と読んでみたら結構、抱腹絶倒。

釈迦とキリストがモチーフで宗教的なお説教は一切なしのギャグ漫画です。
[PR]
by mume107 | 2010-05-22 05:59 | アート

親鸞上人、降誕会

b0135545_23292683.jpg

と今日のカレンダーの日付にあるのが目に止まりました。
お寺さんからいただいたカレンダーです。

仏教、儒教、道教。
解釈されたものを見ても難解です。
普段の生活なら実践できそうな気がしますが、やがてやってくる環境では、よほどの聖人君子でなきゃ実行するのがとてもじゃないけど無理な場合。
もちょっとハードル下げて易しいのはないものかなぁ、と思っていたところです。

五木寛之氏の「親鸞」をネット上で、まだ序の方しか読んでいませんが、親鸞が8歳のときに論語を勉強していたそうで…。

若いとき、別の著者の親鸞上人の小説を読んだことがありました。
兄も姉も読んでいたらしく、当時実家にあり「読んだらいいよ。」と薦められました。

たしか、禁欲的な修行では家族肉親の情を知ることは得られないと、衆生の心を知り得ないことを悟られて、当時僧としてはめずらしく奥さんをもらわれて、一般の人達と同じようにお肉もいただかれるようにされたのじゃなかったかな。

一般市民のできそうなところから説いてくださると、実行し易いのだけど。
ほんと、難しいことやれと言われても無理だから。
[PR]
by mume107 | 2010-05-21 23:29 |

助っ人に感謝

b0135545_15382241.jpg

b0135545_15382294.jpg

b0135545_15382221.jpg

b0135545_15382290.jpg


先日、遠方より、田植えを手伝ってくださるお客人がこられました。
ダンナさんの妹さん夫婦です。
人手はあるのですが、ダンナさんが楽しみにされてる交流です。

緊張と不安で少々挙動不審になってしまいましたが、妹さんは見逃してくださいました。
見逃してくださるということの有難さ。
感謝します。

しばらく飲んでなかった緊張をほぐす薬を飲んだので、眠くて耐えられなくなって
お客さんをほったらかして気がついたら寝ていました。
失態です。
私のこういう態度が誤解を産むのです。

翌日、田植えを和やかに手伝ってくださいました。
緊張もほぐれて、自然に談笑したりして。
よかったです。

こういう交流がある毎に、不安が解消されていきます。
本当に有り難いなぁと思いました。
[PR]
by mume107 | 2010-05-19 15:38 | 農作業

ねばれ、ねばるんじゃ〜

b0135545_10493736.jpg

b0135545_1049378.jpg

b0135545_10493761.jpg

ねっちょりしつこいもんとか、糸をひくもんとかは基本的に好きじゃないけど、特に今はこってりしたものを受け付けないけど。

油彩での制作が久々すぎて、不慣れなため気分がのらないですけど…。

こんなときこそしぶとくねばるんじゃ〜。
と自分に言い聞かせてるところです。
[PR]
by mume107 | 2010-05-17 10:49 | アート

抱っこしてにゃ

b0135545_15393160.jpg

雨降ると寒いにゃ〜。
目つきも悪くなるにゃ。

b0135545_15393120.jpg

母ちゃん抱っこしてにゃ。

b0135545_15393147.jpg

抱っこ抱っこ〜。

そんなに迫られちゃ、母ゃん作業できないよ。
[PR]
by mume107 | 2010-05-11 15:39 |

田植えはあと少し

b0135545_1650305.jpg

b0135545_16503021.jpg

b0135545_16503048.jpg

昨日は、2度目の田植えでした。
父ちゃん母ちゃんオっちゃん(次男)ネーちゃん(長女)の4ちゃん農業で、キツい作業はあまりないし、猫の手はいらないけど、参加は自由です。
しかし、にゃんこら目つきが恐いよ。
[PR]
by mume107 | 2010-05-10 16:50 | 農作業

明日は田植え

b0135545_19475412.jpg

b0135545_19475444.jpg

稲の苗ちゃんもちょうどいい具合に成長したので、いよいよ明日は田植えです。

苗ちゃんの水やりは娘の担当です。
それだけでも管理が、ずいぶん楽になりました。
ときどき、生育にあわせて、気温を見ながらビニールをかけたりまくったり、水をあげたりするのです。
明日に備えて体調整えておかなきゃ。
マメ、木登り姿かっこいいぞ!
[PR]
by mume107 | 2010-05-03 19:47 | 農作業