親子の間に流れる空気

b0135545_09571519.jpg
b0135545_09574854.jpg
b0135545_09573598.jpg
どこいったどこいった。
あ、あこにおったわ。
いないないばぁ、しとるわ。

と、若いお母さんのまなざしはいつもこどもを追っています。

目が離せなくてたいへんな時期であり、はやく大きくなってほしいと思うけど、
この時期の母と子の距離に流れる貴重なやさしい瞬間を捉えたい。











[PR]
by mume107 | 2014-06-29 22:37 | こども

彼は働き者である


b0135545_2217035.jpg
農薬や化学肥料を使わずできました。
b0135545_5155697.jpg
仕事しましたね。
↓彼の仕業です。
b0135545_05251075.jpg
雨降りだからお外で遊べないよ。

梅にも種類がありまして、古城(ごじろ)とか南高(なんこう)とか。
大粒の白梅が人気です。










[PR]
by mume107 | 2014-06-29 05:17 | こども

収穫

b0135545_6265159.jpg

b0135545_6265112.jpg

b0135545_6265164.jpg

b0135545_626518.jpg



トマト、赤くなるのが待ち遠しい。
[PR]
by mume107 | 2014-06-28 06:26 | 農作業

朝起きてから反省

b0135545_09404359.jpg



昨日は体調がよかったものだから、今のうち用事をまとめてたくさんしてしまえ、と調子に乗りすぎて、数々の失敗をしでかした模様です。

順番を間違えてご迷惑かけたとか。
商品発送の用紙を間違えて手間取ったとか(ややこしい)。
なにより、緊張しなきゃいけないところで緩んでいたということが。
おばはん全開で。

夜にこのことを頭に刻んでもまた同じ失敗をしでかすので、朝まで置いときました。
この失敗を肝に刻むのではなくて、今度はソツなく無難にスルリとできてるところを想像して、次から気をつけます。
(失敗したことだけを刻むと、要らんところで緊張してしまうので。)






[PR]
by mume107 | 2014-06-23 09:21 | アート

梅の収穫

b0135545_6571889.jpg

思ったより大幅に採れました。
[PR]
by mume107 | 2014-06-20 06:57 | 農作業

b0135545_10161324.jpg
b0135545_10162297.jpg
b0135545_10155924.jpg
b0135545_10162122.jpg
b0135545_1017861.jpg
b0135545_10175015.jpg

[PR]
by mume107 | 2014-06-19 12:33 | アート

続、手作りブーブ

b0135545_23585653.jpg

b0135545_23585642.jpg

b0135545_23585688.jpg


座る位置によってヘッドライトが点く仕組みです。
セルモーターのキーを差し込むところもついています。
アクセルも握って回せます。

一歳児は、クルクル回ったり自由自在に乗り回しています。
[PR]
by mume107 | 2014-06-13 05:58 | アート

b0135545_22242981.jpg

b0135545_22242994.jpg

b0135545_22242927.jpg

b0135545_22242962.jpg


一瞬捕まえましたが、テントウムシにもカエルにもすぐに逃げられました。
[PR]
by mume107 | 2014-06-09 06:32 | こども

雉のお母さん


b0135545_17154567.jpg
b0135545_2144198.jpg


こわがらせないように、そっとしとけばいいのだけど、雨の中どうしているのかな?と見に行ってしまいました。
意外と小柄です。
仔猫ぐらい。

雨が降ろうと炎天下だろうと。
天敵もたくさんいます。
じっと卵を守っているのだろうな。

陰を作ってあげたいけど、人間が余計な介入をしてはいけない。
知らずにとはいえ藪を刈ったりする人間も天敵。










[PR]
by mume107 | 2014-06-06 17:41 | 農作業

夕日が映る

b0135545_2115529.jpg
b0135545_20581178.jpg



カーテンや障子に西日の光と木陰が映るところです。
絵描きはこの色をどの絵具とどの絵具をどう調合して表現できるか、なんてことばかり考えていたりします。


そうそう、この前の親雉さん、ちゃんと巣に戻って守っていたとのことです。
炎天下ににはどうしているのか、気になりますが、やたら見に行って驚かすのもはばかれます。
[PR]
by mume107 | 2014-06-01 22:43 | アート