下地塗りをもう一塗り

b0135545_186277.jpg

b0135545_186224.jpg

b0135545_186284.jpg

b0135545_186259.jpg

制作の時間が得難く悶々としたりしてしまいますが、多くの画家は副業をもちながらでしょうから農家の私はまだ恵まれている方でしょうかね。
冬の間にモリモリ描くつもりが、もう冬が終わりそうな気配に名残惜しい気がします。
まぁ、焦ってもしようがない。

下地塗りですが、気が変わったので、マットバーニッシュを耐水ペーパーで一部削ぎ落とし、上から別のカラージェッソを塗りました。

一方、先日キャンバスの境目を埋めたところにレッドオーカーをそのまま薄く塗りました。
オーカー、シェンナ、アンバーは乾燥が早く土の色なので、シルバーホワイトと共に下地塗りに適した油彩絵の具だということでしたか。
という自信のなさ。

はじめ薄油で中パッパ。だんだんリンシードオイルなどを足しながら乾くのを数日待ち、赤子泣いてもフタ取るな。
というのが丈夫な画面作りと言われています
しかし、神経質になっても描きづらいので、ものは試しでいろいろやってみることにします。
造形を優先したい気持ちがあります。

学生のときに材料学で教わったことは、時間を経てなるほどと思うこともあるけどほとんど忘れてしまいました。
シルバーホワイトの下地の上に塗ったバーミリオンが数年経つと、ところどころ錆びて変色したりなどすると、そういうことかなるほどなと思います。
変色していないところはシルバーホワイトが充分に乾いたところなのだろうということかなと。

無茶もたまにしないと加減もつかめませんね。













[PR]
by mume107 | 2015-02-26 18:06 | アート

下地塗り



b0135545_23105795.jpg

偶然、猫の形

b0135545_17540180.jpg



下地が大事ですが、描画作業に早くかかりたくてつい抑えきれず、下塗りの段階でついカラージェッソで戯れました。
職人仕事をここらでおいといて楽しむことにします。



b0135545_17543935.jpg


ジェッソを水で溶いて何度も塗り重ねます。
とりあえず6回塗ってみました。



b0135545_17551774.jpg




画布の麻を残してみたくなったので、マットバーニッシュ(水性ニス)を塗りました。
キャンバスの縁にも念のため。
しかし、この上に油彩を乗せるとなると食い付きがどうかわからないので、念のためやすりをかけた方がいいかもしれません。


3日間ほど乾かしてから、さらに油彩で下地を何層か塗るつもりです。

画材の種類はたくさんあって、どういう組み合わせがどのくらいの時間の経過でどういう化学反応を起こすのか、試してみないと憶えられないですね。


ある画家さんは水性樹脂と油彩絵具を攪拌させておもしろい効果を生み出したり、思わぬ方法で制作されていたりします。

それでも変質や劣化に耐えてるそうです。

補修の必要が起きたら、あとでまた考えることにします。










[PR]
by mume107 | 2015-02-23 17:10 | アート

ニャニャの日

b0135545_22151998.jpg

2がぞろ目で猫の日、らしいですね。

「招き猫亭コレクション 猫まみれ」という画集には、いろんな作家のいろんな猫の絵が載っていて見飽きません。













[PR]
by mume107 | 2015-02-22 22:15 |

画布を貼る

b0135545_18262151.jpg
1820×1167



年度末でなにかと要りようなもので、古キャンを再利用することにしました。



b0135545_18263194.jpg

ベニヤに30年前の油彩面を木工ボンドで貼りタッカーで側面を留め、念のためアイロンをかけてピタッとくっつくように空気を抜きました。
30年も経っているのでもう油彩画の塗膜が変質することはないかと思います。



b0135545_1826398.jpg
二枚の合わせ目にはモデリングペーストで凹凸をなくし、まくれないようにピタッと木材を置いて上に重石を乗せて、翌日乾いてから念のため古着の麻布の端切れを貼りました。

この作業に数日かかりました。
年月が経つとどうなるかまだわかりません。

とりあえず記録です。


画布の麻に油彩を直接塗ると油が染みた布が年月経つと変質して傷みやすいそうなので、ジェッソを塗ります。

そのようすはのちほど。









[PR]
by mume107 | 2015-02-22 18:29 | アート

農産物直売店の前に

b0135545_1153250.jpg

自然栽培のお米と豆を置かせてもらっているお店の前に、かわいい雪だるまが〜。
[PR]
by mume107 | 2015-02-14 17:53 | 自然栽培米

炒り豆

b0135545_20136100.jpg

b0135545_2013663.jpg

豆を選るのにすごい時間がかかります。
豆や米にかかったら止まらなくなるし、制作にかかったら止まらなくなるしです。
翌日はこうしよう、ああしようと考えたり。
それも楽しですが時給に換算すると空しいもので。

柔らかく煮込んだ大豆の煮汁を切り、オリーブオイルで炒り塩コショウしただけですが、外はカリっと中はしっとりでおいしくできました。








[PR]
by mume107 | 2015-02-13 20:01 | 食生活

古木枠再利用

b0135545_1429131.jpg

b0135545_142913.jpg

b0135545_1429159.jpg






30年前の50号作品のキャンバスを外し2枚組み合わせ、パネルを作っているところです。

これにベニヤを貼り和紙か布を貼った支持体の上に油彩で描くつもりです。
古キャンの裏を利用することも検討中です。
いろいろ調べてみると、堅牢に固まった油彩絵の具と支持体の繊維の劣化による伸縮の差が、亀裂や剥離の原因にもなりかねないとのことで、木綿より麻の方が適しているのだとか。
また、木工ボンドの樹脂エマルジョンの劣化と上に乗せた油彩絵の具の兼ね合いにもよる剥離などもありそうです。

手作りの支持体は乾燥するとどうなるかわかりません。
展示中にパネルが曲がるかもしれませ。
年月が経つと剥離が心配です。
しかし、やってみると意外に大丈夫だったりすることもあります。

よゐこの画家さんは真似しないでね。

しかし、低予算で作品を制作する模索は続きます。
やってみなければわからないことで、やってみればわかることです。












[PR]
by mume107 | 2015-02-13 14:29 | アート

b0135545_1893520.jpg

b0135545_1893585.jpg

b0135545_1893519.jpg

b0135545_1893594.jpg


学生のときに描いた古キャンを再利用して、縦長のキャンバスを作ってみました。
キャンバスの隙間に厚紙を挟み、木工パテを乾いては埋め込みを数回したのち、モデリングペーストも乾いたら2度ばかり埋め込みました。

このやり方で、30F号縦2枚は10日間の展示に耐えることができました。
数年後はどうなるかわかりません。

20F号横3枚が同じサイズになります。
絵の具のデコボコはグラインダーで削ります。

経験豊富な作家さんにもいろいろ知恵を伺ったりもしました。
低予算の自作キャンバスですがひび割れ剥離のリスクいっぱいです。
もしひび割れしたら、やり直すまでです。







[PR]
by mume107 | 2015-02-12 18:09 | アート

スズメマンション

b0135545_0392619.jpg

b0135545_0392630.jpg

雀か椋鳥かわかりませんが、鈴なりです。
















[PR]
by mume107 | 2015-02-06 00:39 | こども

b0135545_10481036.jpg


ときどき来る孫は保護の対象でもあるのだけどそれより、ちっちゃくて愉しい友だち、という感じです。











[PR]
by mume107 | 2015-02-06 00:39 | アート