b0135545_00212919.jpg


b0135545_0102351.jpg

b0135545_0102320.jpg


ジェッソを塗って4〜5日乾かし、画溶液を使わずにバーントアンバーをペンティングナイフで塗り、筆でまんべんなく伸ばしました。
まぁ、まんべんなくの必要ないかもしれませんが、そうしてみたかったので。
縦縦、横横、ぐるぐる巻き巻き、好きなストロークでいいと思います。

つなぎ目は描くとき邪魔になりますが、つなぎたかったので。
なにやってんだか…と思わんこともないです。











[PR]
by mume107 | 2016-02-19 00:10 | アート | Comments(0)

組み立てる


b0135545_1452442.jpg
F60が2枚、F120になります




b0135545_15202386.jpg
マスキングをして、木工パテで繋ぎ目を埋める



さらに翌日、モデリングペーストでならします。

b0135545_21215959.jpg
あ~でもない、こ~でもない、と試行錯誤しながらキャンバスを組み立てました。
F120号なら6畳間の物置兼画室で描けます。
キャンバスの再利用は、仕舞う場所と管理の問題という理由もあります。











[PR]
by mume107 | 2016-02-14 21:52 | アート | Comments(0)

アプリオリなもの

b0135545_1605388.jpg




孫が洗い桶に水を入れて遊び始めました。
「見て見て~、ほら!元気になったよ!。」
畑から採ってきた大根の葉を洗ってザルにあげておいたら、それを水の中に入れてこう叫びました。

水の中で大根は、自由に葉を広げてゆらゆらしました。
生き生きとした自然の営みを感じる心を生まれ持っているんですね~。

服が濡れて床が水浸しになって、孫が冷えて風邪をひいたりしやしないか。
床がふやけないうちに拭かねば、なんて大人はハラハラしますけどね。




私たちは、大人になるにつれ常識や道徳や狭い規範に縛られて締めつけられる場合があります。

時には道徳という皮を被った狼もいます。
言葉がだんだん本来の質を離れて違って伝わっていたりして、食い違っていきます。

私たちが忘れがちな、子どもの生得的な心を垣間見させてもらえることは、たいへん有り難いことです。









[PR]
by mume107 | 2016-02-14 18:00 | アート | Comments(0)

乾くまで







b0135545_11155443.jpg

下地塗りが乾くまで数日かかりますから、小品とドローイングを何枚か描いてエスキースにしようと思います。
大工仕事もあるしね。
春になって田んぼの準備が始まる前になんとかどうにか。

















[PR]
by mume107 | 2016-02-12 17:15 | アート | Comments(0)

眼の中で起きていたこと

b0135545_11054425.jpg



網膜にうつる波と光      2015      15×10





電子画面を長く見ないようにしているため記録もままなりませんが、思い出せることだけも描いておこうと思います。
公開が遅れたりしますが、お許しを。

治療の際、眼の中に入れられた気泡がビー玉のように美しく、この張力で網膜を押さえるために5日間ほどうつむきうつ伏せの姿勢をキープする必要がありましたが、気泡ちゃんはいいお供でした。

ビー玉状の気泡が日に日に小さくなって、抜糸の後には3個に別れてミッキーマウスの耳のような形にくっついていました。

それも機会があれば描いてみたいものです。












[PR]
by mume107 | 2016-02-10 20:03 | アート | Comments(0)



b0135545_1685464.jpg


b0135545_1685486.jpg





b0135545_23032052.jpg


b0135545_16283090.jpg




4回薄く下地を塗ったところですが、どうもキャンバスとベニヤを固定する木工ボンドがうまくくっついてない様子。
たわみが気になってしようがないので、思いきって釘を外して剥がしてやり直しです。

潰すのにも勇気いりましたけど、気に入っていた作品が無惨な剥離をしているのを見たくなかったのでなかなか決心つかなかったのですが、残しておいても仕方がないので。

新たに塗ったジェッソは問題が起きずに貼り直せたようです。
念のため、来週にでも再度ジェッソを塗ります。

また作業が遅れてしまいますが、致し方ないですな。
春が来る前になんとかある程度したいところです。










[PR]
by mume107 | 2016-02-09 16:08 | アート | Comments(0)

グリグリ、ペタペタ

b0135545_23013459.jpg


b0135545_23015236.jpg







b0135545_23025834.jpg






b0135545_22473028.jpg




b0135545_23032052.jpg



今度はこの色を塗ってみましょう。
仕上げに筆でならします。











[PR]
by mume107 | 2016-02-08 22:47 | アート | Comments(0)

ジェッソを塗り重ねる

b0135545_22434137.jpg

チョコレート色を塗り重ね


b0135545_2243424.jpg
イエローオーカーでピャピャッと~

b0135545_22434290.jpg

ジェッソを塗り重ね、キャンバスの目が滑らかになると筆がなじみやすく描きやすいです。














[PR]
by mume107 | 2016-02-08 22:43 | アート | Comments(0)

ガラス美術館

b0135545_20523450.jpg


b0135545_20515507.jpg



b0135545_2041385.jpg


常設展を見てきました。
撮影はOKということでした。
チフーリ・エクスペリエンスさんの「グラス・アート・ガーデン」は
まさに夢の世界。
オンラインに載せていいかどうかは定かではないので、影だけお送りします。
あなたは、これを実現したスケールで見たくな〜る。

透明感、反射、惑わす光。
ずるいな〜、ガラスっていう素材は、ずるいね〜。

5階、ギャラリーの富山市美術作家連盟展にもぜひお立ち寄りを。








[PR]
by mume107 | 2016-02-06 20:41 | アート | Comments(0)

下地塗り

b0135545_17503512.jpg

b0135545_17503571.jpg

b0135545_17503590.jpg

大作の準備と小品を同時進行しています。

ゆっくり乾くので気温の低い冬にはパネル貼りや下地塗りは最適かもしれません。










[PR]
by mume107 | 2016-02-05 17:50 | アート | Comments(0)