タグ:ドローイング ( 63 ) タグの人気記事

描き初め

b0135545_21421902.jpg

cocoon  2017  24cm×17cm


初落書きです。








[PR]
by mume107 | 2017-01-03 22:04 | アート | Comments(0)

b0135545_15145514.jpg

慣れない紙を使って、トライ&エラーを繰り返しています。
思ってたようにいかない!。
大作もトライ&エラーばっかりです。




b0135545_1558363.jpg

雑草と呼ばれるものにも、可憐な花が咲きます。



b0135545_15583694.jpg
雑草を目の敵のようにむしるのはどんなもん?。


b0135545_15192767.jpg

わけへだてなく水遣りをしているつもりでも、乾く子がいるんだよね。
濃い色のところが乾燥してチクチクになっています。


b0135545_15145588.jpg
ハウスの中は満員なので、育成したのから外に並べなおします。
明日は新たに芽出し苗をハウスに並べます。

水遣りは一時間くらいかけて。
(2時間かっかてました!。)
今日のような乾燥する日は、2~3回水遣りをします。
(4回はかけていました!。)








[PR]
by mume107 | 2016-05-02 21:14 | アート | Comments(0)

雨音を聞きながら

b0135545_9234994.jpg

b0135545_9234985.jpg
キュウリなりすぎ~


b0135545_9234943.jpg























[PR]
by mume107 | 2015-07-05 09:23 | アート | Comments(0)

素描

b0135545_18474715.jpg


なんだかんだでおそろしく制作が進まないとき、発想が衰えたりします。
そういう時は素描をします。
写真を元に描いたりもしますが、トレースはダメでしょうかね。
リハビリです。

あ、大作にも徐々にとりかかっててはいますよ。
寒いから厚着して。

ペテロールが揮発しにくい寒い季節の方が溶き油が減らなくていいかもしれません。













[PR]
by mume107 | 2015-01-28 18:46 | アート | Comments(0)

米屋の仕事と画業

b0135545_1841032.jpg

b0135545_1841016.jpg


味がいいとの評判を受けてご注文いただき、玄米に異物が混ざっていないか、時間をかけて検品しています。

小品もさることながら、大作も同時進行に案を練っているところです。
本題に入る前は試作試作思索でレイアウト辛いですが、構図が決まれば楽しんで描けると思います。









[PR]
by mume107 | 2014-04-06 18:41 | アート | Comments(0)

モジャモジャドリ

b0135545_15552677.jpg


大作のための練習です。
[PR]
by mume107 | 2012-08-26 15:57 | アート | Comments(0)

ドローイング

b0135545_5561585.jpg


翅の森   ハガキサイズ   2012


朝は頭が冴えています。
[PR]
by mume107 | 2012-08-19 06:00 | アート | Comments(0)

b0135545_12185486.jpg

[PR]
by mume107 | 2012-01-19 12:15 | アート | Comments(0)

10分クロッキー

b0135545_15301555.jpg

b0135545_15301521.jpg

b0135545_15301667.jpg

b0135545_15301618.jpg

人物デッサン会に参加しました。
久々に対象を見てクロッキーしました。
10分間という制限に焦って、モタモタしながら描きました。
↑これをみたら誰でも腕に自信が出ると思います。

10分間でできることって、意外にたくさんあります。
4〜5人分の食器の洗浄もだいたい10分前後だし、籠一杯分の洗濯物を吊すにはだいたい7分だし。
洗濯物を畳んでしまうのに20分〜30分くらい。
寝具を片付けたり、出しっぱなしの物を元に戻したりなんやかんやも、結構時間食ってるし。
床に掃除機かけるのは15分ぐらい。
10分を上手に使えるかどうかで、1日が全然違ってきます。

モデルさんが、10分間ジッとしてくれてる間、身体の流れと軸、だいたいの間隔をつかんで、厚みや雰囲気まで、
うぎゃ〜10分が終わっちゃう、という焦りが先ばしってしまいました。

かわいい顔立ちの人だったので、つい顔に集中してしまったり、華奢な感じが出ずにマッチョになってしまい線を描き直したりで、10分間にうまく決められませんでした。

1年くらい対象を正確に捉える練習をしていなかったので、たゆまぬ継続は大事だな〜と思いました。

それと、目の前の対象を正確に捉えようとすることは、さっきまでの考えをリセットする訓練かもしれません。つまり、先入観を捨ててありのままの事実を見ること。

ただし、事実そのものはアートにはなりません。
[PR]
by mume107 | 2010-07-04 15:30 | アート | Comments(0)

混沌の中から見つける

b0135545_15345178.jpg


母に、子どもの頃より家から人を見送るときは笑顔で、
「行ってらっしゃい」
と機嫌よく見送るように教えられました。
山間部だったので母が子どもの頃は出かけた人が、天候の変化でどんな危険にあうかわからない環境でした。
雪崩にあい命を失われるようなことも少なくなかったようです。
それが最期の別れかもしれない、いつ無常が訪れるかわからない。
だから後味のよくない別れ方はNGということです。

こういうことをちょこちょこ教えてくれた母に育てられられたことだけは、自分にとって自信持っていいことかもしれません。
[PR]
by mume107 | 2010-02-16 15:39 | Comments(2)