b0135545_00212919.jpg


b0135545_0102351.jpg

b0135545_0102320.jpg


ジェッソを塗って4〜5日乾かし、画溶液を使わずにバーントアンバーをペンティングナイフで塗り、筆でまんべんなく伸ばしました。
まぁ、まんべんなくの必要ないかもしれませんが、そうしてみたかったので。
縦縦、横横、ぐるぐる巻き巻き、好きなストロークでいいと思います。

つなぎ目は描くとき邪魔になりますが、つなぎたかったので。
なにやってんだか…と思わんこともないです。











[PR]
by mume107 | 2016-02-19 00:10 | アート

組み立てる


b0135545_1452442.jpg
F60が2枚、F120になります




b0135545_15202386.jpg
マスキングをして、木工パテで繋ぎ目を埋める



さらに翌日、モデリングペーストでならします。

b0135545_21215959.jpg
あ~でもない、こ~でもない、と試行錯誤しながらキャンバスを組み立てました。
F120号なら6畳間の物置兼画室で描けます。
キャンバスの再利用は、仕舞う場所と管理の問題という理由もあります。











[PR]
by mume107 | 2016-02-14 21:52 | アート



b0135545_1685464.jpg


b0135545_1685486.jpg





b0135545_23032052.jpg


b0135545_16283090.jpg




4回薄く下地を塗ったところですが、どうもキャンバスとベニヤを固定する木工ボンドがうまくくっついてない様子。
たわみが気になってしようがないので、思いきって釘を外して剥がしてやり直しです。

潰すのにも勇気いりましたけど、気に入っていた作品が無惨な剥離をしているのを見たくなかったのでなかなか決心つかなかったのですが、残しておいても仕方がないので。

新たに塗ったジェッソは問題が起きずに貼り直せたようです。
念のため、来週にでも再度ジェッソを塗ります。

また作業が遅れてしまいますが、致し方ないですな。
春が来る前になんとかある程度したいところです。










[PR]
by mume107 | 2016-02-09 16:08 | アート

グリグリ、ペタペタ

b0135545_23013459.jpg


b0135545_23015236.jpg







b0135545_23025834.jpg






b0135545_22473028.jpg




b0135545_23032052.jpg



今度はこの色を塗ってみましょう。
仕上げに筆でならします。











[PR]
by mume107 | 2016-02-08 22:47 | アート

劣化との闘い

b0135545_17014038.jpg


b0135545_1013333.jpg




b0135545_17010973.jpg
脱   1984  F60



剥離しています。
1984年の作品です。
気に入っていた作品ですが、古キャンは劣化し絵の具がパリパリに剥離しています。

(余談)人間も劣化します。
下地塗りは大事です。
しかし、どの段階で間違ったか遡って思い起こしても、それにこだわることはやめた方がよさそうです。
自分が作られた土台は否定しないようにした方いいと思われます。

またまた余談になりますが、網膜も剥離しましたが、近くの眼科で治療の跡はバッチリ穴が塞がっているとの診察でした。
私のような剥離を起こした網膜を手術する施設は、県内に2カ所だけだということでしたが、その総合病院で美しい女医さんにレーザーで穴を塞いで糸で縫われました。
バラのフォトグラフを診察室に飾っている美しい女医さんが、たっぷりイソジンガーグルで目玉を消毒し縫うなんて、絵にしてみたいなどと思いました。

両目とも剥がれやすいから気をつける必要があるとのことですが、日常はいつも通りでよいとのことで一安心。

話しは戻ります。
30年経っても傷まない画面を作るには、勉強のやり直しが必要です。
それ以前の学生のときのキャンバスは無造作に描いていたにも関わらず、剥離が起きてないです。
何が違うのかわかりません。

とにかく、古キャンを裏返してベニヤに貼りつけることにしました。

麻は伸縮が少ないので、下地のジェッソや油絵具は長持ちするらしいです。
しかし麻の画布も劣化するので、ベニヤに木工ボンドで固定して支えます。
一抹の不安を感じながら、下地塗りのおさらいをやります。
次はジェッソを薄く塗り重ねてゆきます。
塗るのは楽しみです。














[PR]
by mume107 | 2016-02-05 05:01 | アート

貼り貼り

b0135545_14153234.jpg
ムニュムニュ。



b0135545_14153294.jpg
こねこね。



b0135545_14153239.jpg
とろとろ。



b0135545_14153252.jpg
ペタペタ。


さて、今度は乾くまで何をしようかな〜。














[PR]
by mume107 | 2015-09-01 14:15 | アート

作品の紹介

b0135545_9443849.jpg


b0135545_9564459.jpg


厳しく冷たい冬に耐えて、暖かい春の兆しを喜ぶ子ども時代に回帰しようという作品です。
空気は螺旋を描きながら∞(無限大)の記号を縦にした流れに循環しています。

富山県美術展は、富山県民会館にて19日まで。


ようやく農作業も一段落。
自然栽培米もおかげさまで売り切れました。
自然米は毎年収穫量が安定しないので、余る年もあれば早々に無くなる年もありで、
お求めのお客さまへの配慮をもっと考えなきゃいけないところです。

私としては、お米を製品にして販売する仕事がなくなったので、その分しばらくは作品の制作に集中できて、それもありがたいです。
[PR]
by mume107 | 2015-06-15 05:45 | アート

今日からです

b0135545_12180537.jpg













[PR]
by mume107 | 2015-05-22 12:20 | アート

富山県洋画連盟展

b0135545_1632024.jpg

入場は無料です。

開館は午前9時~午後6時(7日は午後4時まで)。


作家によるギャラリートークは5日午前11時、6日午後2時、7日午後2時からの計3回です。

今日のギャラリートークは道畑慎一さん、大澤三月さんです。


本日は午後2時から林清納さん(砺波市)と野上祇麿さん(富山市)、吉川信一さん(砺波市)、藤井武さん(富山市)のアート講座が開かれます。

見学できます。


6日のギャラリートークは午後2時より、大門清廣さん、澤田昭英さん、

7日のギャラリートークは午後2時より、森弘さん、萩中幸雄さんです。














[PR]
by mume107 | 2015-04-06 06:55 | アート

もうすぐです

b0135545_16323951.jpg







b0135545_1632024.jpg


2015 富山県洋画連盟展  
富山県民会館 美術館・地下    
4月4日(土)~4月7日(火)

リニューアルした富山県民会館での展示です。
P150号を出品します。
お花見がてら、お立ち寄りください。
[PR]
by mume107 | 2015-04-03 00:59 | アート